ご挨拶

 平素は格別の御引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
 昨今のユーザーニーズの多様化・技術革新のテンポの速さはめざましいものがあります。
 わたくしどもをとりまく製造業・板金加工の分野においても例外ではありません。
 とりわけ板金加工形状は、ますます複雑多岐になり、また製品サイクルも短く複雑、多様
化への傾向が深まっております。
 また、従来の板金加工機械および加工効率を合理化させるシステムは、その利用は限られた部門で使用され、それぞれに壁があり、ある意味ではクローズドな世界でした。いま最も求められるものは、環境の変化に迅速・柔軟に対応できるオープンなシステム、そしてそれを担うヒューマンテクノロジーといえます。
 「ものの作り方を考える」思考にたち、従来のやり方を改善・改革の方向に持っていくこ
とにより、生産性の向上/コストの削減/技術の蓄積と有効利用/市場ニーズへの対応が
実現できると思います。
 私どもインテックスは、そんなユーザーニーズに応えるべく、日夜 努力しております。
 今後とも、より一層のご支援、ご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


 

会社沿革

1990年4月
東京都立川市にて設立
1990年代
各社NCT用金型販売、ブレーキ金型販売
国産各社機械メーカーの国内販売及びメンテナンス業務
各種 板金加工機械の輸入販売
三次元板金CAD/CAM FUSION, 二次元CAD/CAM CAM Designe, 生産管理 等
ソフトウェア開発販売及び輸入販売
米国 Wilisontool International 社日本代理店
材料ストッカー JET-STOCKER・湿式バリ取機 MDF-610製造販売
中古板金機械設備の海外への輸出販売の開始
1995年
東京都中野区中野へ本社移転
1997年
ドイツ MEGACAD 輸入販売開始 (三次元 Sheet Metal, Wire Cut)
インテックス・大阪営業所開設
1998年
スペイン 板金CAD/CAM LANTEK 輸入販売開始
米国に INTEX MACHINERY OF AMERICA 開設(現在閉鎖)
2000年
タレパン、ベンダー等の消耗部品の販売開始
クランプ関係部品、コーナーシャー・ブレード、アマダ・オートバックゲージ突当アッシー、中間版(Z1,Z2)等
レーザー用ノズル、加工レンズ、その他消耗部品
2005年4月
群馬県伊勢崎市に倉庫開設
2011年3月
神奈川県川崎市多摩区に本社業務を移転
2019年4月
創立30周年